🔷夏の結婚式に…絽の訪問着と帯のお話🔷

今年も蒸し暑い時期がやって来ました。

近年は結婚式場の空調も整っており、夏にご結婚式を挙げられる方も多く見られます。

夢館でも留袖、モーニング、訪問着レンタルなどご予約を頂いております。

参列される方においては、ご自身の袷の訪問着はあっても、

単衣や絽の訪問着はなかなか手持ちがないわとおっしゃる方が多いと思います。

当店ではご友人のご結婚式などにご利用頂ける夏物の訪問着もたくさん取り扱っておりますので、

是非当店のカタログをご覧下さいね。

結婚式などのおめでたいお席では、帯は袋帯で、二重太鼓に結びます。

これはおめでたい事は重なると良いので帯のお太鼓部分も二重になるように結びます。

ただ、これは絶対ということではありません。

名古屋帯は、一重太鼓になるので、現代ではあまり使われませんが、

金糸銀糸などが使われていたり、上品な光沢のある、織りの袋名古屋帯など、素材や柄によっては準礼装として使えます。

おめでたいお席で失礼にならないような帯選びが大切ですね。

夢館では、フォーマルシーンに使える訪問着には二重太鼓に結べる袋帯を合わせてご用意しておりますので、

どうぞご心配なくご利用ください。

当店のシステムは、ご自身で帯もお選び頂けるのですが、

組み合わせる帯選びが難しいと思われるお客様にも、おすすめ帯の画像の中から選んで頂ければ、

着物にも合うものをご提案させて頂いておりますので安心ですよ。H669 ジャパンスタイル 濃紺 七宝に四季花

 

 

H692 薄青 四季花散らし

 

H454 クリーム 雪輪花文様 単衣(6月・9月用)

 

8月、9月のご利用にも、まだまだ間に合いますので、是非お着物を着てみて下さいね。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。